スタッフブログ

2013年7月16日 火曜日

むちうちとは?

Hです。

よく、むちうち症という言葉は知っていも、どのような症状ですか?と問われれば詳しく説明できる方は少ないでしょう。

本日は、むちうち症については詳しく説明いたします。

首は、7つの椎体と呼ばれる背骨と、その間にある円盤状の繊維軟骨(椎間板)で構成されています。
椎間板は、衝撃を吸収して椎体を守っているのです。

「むちうち」は、交通事などの強い衝撃で首が過度に伸縮して頚部の筋肉、靭帯、軟部組織や骨組織が損傷することを総称です。

つまり、「むちうち」とは怪我の発生した原因をしめす言葉であってお医者さんの診断書には「頚椎損傷、頸椎捻挫、頚部捻挫、頚部損傷、頚部挫傷、外傷性頚部症候群」などと書かれます。

症状は痛み、めまい、しびれ、知覚異常、倦怠感、吐き気、食欲不振、微熱、不眠、抑うつ等、痛み以外での症状を呈する事のある厄介な症状です。
首の痛みの為に頚部の運動が強く制限されたり、握力低下や上肢の筋力低下を起こす事もあるので、首回りだけの症状ではない場合もあります。


軽い衝撃であった場合でも、体の内部ではどのようになっているのか、本人でもわからない場合があります。後から辛くなるケースが多いのもむちうち症で厄介な所です。

どの様な事故でもご相談頂ければ、たいよう整骨院では詳しく説明いたします。
それでは、今日も健やかにお過ごしください。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 たいよう整骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
千葉県船橋市東船橋2-12-10

■最寄駅
JR東船橋駅北口より
徒歩約3分

■駐車場
お会計の際、駐車場ご利用の旨をお伝え下さい。
駐車場利用が無料になるコインをお渡し致します。

お問い合わせ 詳しくはこちら