スタッフブログ

2013年8月 6日 火曜日

交通事故の怪我は現実主義!?

Hです。

交通事故の怪我で腕の骨を折り、仕事が出来なくなった。

その場合、怪我の補償と仕事が出来なくなった事で起こる休業補償や治療の為の交通費は、自賠責保険から120万の限度額で出ます。
それ以上は相手方の任意保険会社から支払われますが、腕の骨を折る事で後遺症が残り、仕事をする能力が減退や遺失した場合は、将来得る見込みの利益の損失を計算して損害賠償をする事が出来ます。

が、交通事故の怪我で仕事の能力が将来的に減っても損害賠償請求が通らず一銭も賠償されないケースがある事をご存知ですか?


実際に最高裁判所で争われ、判決として出たものですが、賠償されないケースとして仕事の能力が減っても、給料が減らない場合は賠償されません。

傷害をうけても、損害賠償は実際に損害が発生していなければ請求ができないという事です。

ただし、怪我によって後遺症が認定される場合、後遺障害として等級に分かれた慰謝料が支払われます。





このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 たいよう整骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
千葉県船橋市東船橋2-12-10

■最寄駅
JR東船橋駅北口より
徒歩約3分

■駐車場
お会計の際、駐車場ご利用の旨をお伝え下さい。
駐車場利用が無料になるコインをお渡し致します。

お問い合わせ 詳しくはこちら